So-net無料ブログ作成
検索選択
みんなの家庭の医学 ブログトップ

みんなの家庭の医学!12月9日放送ドライノーズって何? [みんなの家庭の医学]

たけしの健康エンターテイメント!

みんなの家庭の医学『3時間スペシャル』が

テレビ朝日で本日放映されていましたね。

たけしのみんなの家庭の医学.jpg

画像引用 http://www.tv-asahi.co.jp/

出演者は、

【レギュラー出演】 ビートたけし , ガダルカナル・タカ , 喜多ゆかり

【ゲスト】 三輪正人 , 中山秀征 , 濱田マリ , かたせ梨乃 , 前田吟
      前田眞治 , 奥薗壽子 , 斎藤能彦
【声の出演】 井上智子

風邪って冬になると引く人が多くなりますよね。

寒さにより免疫力が下がるので、ウイルスが体内で

増殖しやすくなり、感染もしやすくなるので

仕方がないと思っていました。

でも、風邪を引きやすい人には、風邪をひく新原因として

体のある部分の乾燥が原因であると

近年の研究で明らかになってきたそうです。

医学界で注目を集めている第3の乾燥症、

『ドライノーズ』だそうです。

つまり鼻の乾燥症ってことです。


ドライノーズは12月9日のみんなの家庭の医学で放送された

のですが、

順天堂大学の三輪正人医師は、このドライノーズ患者を数多く

救ってきたそうです。


鼻が乾燥してしまうドライノーズの方は、

鼻から肺にいたるまでウイルスの増殖を抑制するのに

重要な働きをしている繊毛の動きを鈍らせてしまうそうです。


結果、ウイルスを増加させてしまうため、乾燥した季節に

風邪を引きやすくなるとのことですよね。。。

知らなかったです。。。


ドライノーズの方はインフルエンザの感染リスクも高いそうです。


ドライノーズへの対処を施すことで、風邪を引きにくくできますよね。

ドライノーズの対処方法とは?

①41度のお湯に10分から15分浸かるだけで、自然と水蒸気を吸い込み粘膜を潤せます
生理食塩水を鼻の中に点鼻することにより、塩分を異物と感知した鼻は、        
繊毛の動きを活発化させます
③大量の息を大きく吸ったり吐いたりできるようにお風呂で歌うことにより        
鼻の粘膜をプラスにさせます
 

これからの季節、風邪やインフルエンザにかからないように

頑張っていきたいものです。。。













nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能
みんなの家庭の医学 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。